第1回

第1回「私の好きなもの・こと」

 

と題しまして、このブログではニッチなものを書いていこうとおもう。

 

私の好きなことは何だろうと考えをめぐらせると

①ソロギター②読書③ゲームが大半を占めているようだ。

 

この中からいろいろ書いてみて、いったい自分とはなんぼのものなのか

知りたいのが率直なところです。

 

今回は1回目ということですが、最近とてつもなくハマっているものを

語っていきたいと思います。

 

③のゲーム関連のことでズバリ幕末志士というゲーム実況者について。

いやーーーーほんとにあごが外れるほど笑わせてもらいました。

坂本・西郷という幕末の志士に扮した2人がゲームをプレイしながら実況しているのですが

僕が昔やっていた64などの懐かしいゲームを取り上げてくれて親近感を感じます。

 

ラジオの方も拝見して幕末漬けの日々でしたが(こう書くと日本史漬けの受験生ぽいですが。)この2人に学ぶものは何かと多かったですね。

 

それは「心から楽しむということ」

 

最近これが当たり前のことだけど、かなり重要だと感じています。僕の本業は一応音楽と銘打っていますが、没頭しすぎで嫌になることが多々あります。やるからには最高に楽しもうではないかと!初めてギターを手にして音を鳴らしたあの多幸感をいつまでも感じていたい。

 

最近読んだ本に、人間は快楽に忠実な生き物だと書かれておりハッとしました。

世の中にはいろんな快楽がある。プロ野球選手の快楽。政治家の快楽。貴婦人の快楽。

スマホゲーム中毒者の快楽。風俗通いの快楽。

それぞれはおそらくそれが好きなのだろう。それがほんとに楽しいのだ。

 

日常生活に忙殺されるなかでの僕の快楽は・・・ギターに手を伸ばし、指板上の世界地図を旅行すること。それに忠実になること。

 

さて今日はこんなところか。明日から仕事がピークだけどケガしないように気をつけよう。次回はギタリストのための音楽理論コーナー(自分が難しい理論書を読んで勉強しつつ、簡単に噛み砕いて読者にお教えするwinwinの関係を築ける最高のコーナー笑)でも書いてみようかな。

 

 

ではご機嫌よう。。。